「中小企業財務LIVE基礎講座」の開講のお知らせ

  • 「中小企業財務LIVE基礎講座」開講のお知らせ

中小企業経営では、資金繰りに頭を抱えている経営者の方が非常に多いのが現状です。私もこれまで多くの経営者の皆さんから資金繰りや銀行融資の困りごとをご相談いただいてきましたが、一人でも多くの経営者の方の悩み事を解決したいと願っています。

そこで、資金繰りが苦しい本当の原因は何か、銀行から融資を受けるために必要な条件とは何か、何をどう改善していけば銀行から低金利・好条件で融資を受けられるのか、といった極めて実践的な資金繰りの悩みを解消する講座を少人数制で開催します。

▶︎受講後こんなことがわかるるようになります
・「税務」と「財務」の違いを学べる
・銀行が見る融資判断のポイントを学べるや銀行格付けを学べる
・銀行から高い評価を受けられる決算書の組み方を学べる
・銀行と融資交渉する際の注意点を学べる

▶︎こんなことで困っていませんか?
・資金繰りが不安だ・・・
・利益は出ているのにいつも現金が足りない
・融資額は満額出るのだろうか
・借り入れ金利はもっと低くならないだろうか
・月々の返済額を軽減したい
・銀行が融資をシブる、断られる

▶︎この講座で得られる3つメリット
【①「税務」と「財務」の違いがわかる】
普段は顧問税理士にお任せしている会社も多い決算書の作成ですが、「税務」は税務調整後の数字になります。経営判断を誤らないようにするためにも、より実態に近い数字を元に経営することの必要性を学べます。

【②銀行がどういう評価方法や評価基準で融資を判断しているかがわかる】
銀行が融資の判断をする際に企業をどういう評価方法や評価基準で判断しているのかを知る必要があります。銀行による企業の格付けや経営指標について解説していきます。

【③銀行から高い評価を受けられる決算書の組み方がわかる】
銀行から高い評価を受ける決算書を作るにはどうしたらいいかを学べます。貸借対照表B/S、損益計算書P/Lの基本と改善ポイント、さらに現金損益という重要な指標についても解説をしていきますので、経営者自身で銀行から高く評価される決算書の組み方がわかるようになります。

▶︎講座内容
①資金調達の意味
②「税務」と「財務」の違い
③銀行融資の仕組みと判断項目
④銀行格付け
⑤貸借対照表B/Sの基本と改善ポイント
⑥損益計算書P/Lの基本と改善ポイント
⑦現金損益
⑧銀行との融資交渉の注意点

※受講生のニーズや状況によって、内容変更や時間配分の調整をする場合があります。
※参加メンバーが1名の場合は、持参していただいた決算書等を元に改善ポイントをアドバイスします。

<なぜ、こんなに受講料が安いのか?>
企業向け財務コンサルティングともなると年間の顧問料が数百万円になることも珍しくないのが財務の世界です。しかし、今回は少人数制講義をできるだけリーズナブルな受講料で開催することに致しました。

その理由ですが、
一つは、中小企業向け財務コンサルタントと言ってもあまり馴染みがない中小企業がまだまだ多く、身近に接する機会を作ることで理解を得たいという理由です。納税は義務のため「顧問税理士」さんは多く見受けられますが、企業財務を改善して企業価値を向上させる役割である「財務コンサルタント」をこの機会に身近に感じていただければと思います。
もう一つは、「講義実績を積みたい」という点です。今後多くの受講生の方に安心して受講していただきやすくするために、講義の開催実績やレビューをいただきたいという理由のがです。そのため、数回のうちに受講料は引き上げます。

教室も経営者の方の受講に合わせて、日本を代表するビジネス拠点である「新宿野村ビル」の弊社オフィスの一室で少人数制で実施します。

【開講日程】
12月6日(水)13:00〜15:00
12月7日(木)13:00〜15:00
12月8日(金)13:00〜15:00
【会場】
新宿野村ビル32階
【受講料】
特別割引受講料:19、800円(税込)
【定員】
毎回3名まで
【お支払い方法】
・クレジットカード払い
・銀行振込
【申し込み手続き】
下記URLをクリックして「ストアカ」のサイト上で申し込み手続き、決済の手続きを完了してください。

申し込みページへ(「ストアカ」サイトが立ち上がります。)

イベントカレンダー

2018年4月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30